白髪染めヘナでかぶれる??アレルギーが起こる可能性を調査してみました

白髪染めヘナは名前の通り、天然の植物「ヘナ」で白髪を染めてくれる商品です。

市販のヘアカラーや美容院でのヘアカラーと比べて、できるだけ髪にダメージを与えることなく白髪染めを行うことができます。

そんな白髪染めヘナですが、肌荒れやアレルギーを引き起こす危険性はあるのでしょうか??

今回はみなさんがわかりやすいように、白髪染めヘナの安全性について解説していこうと思います。

白髪染めで使われているヘナってどんな成分なの??

まず初めに、白髪染めに使われているヘナとはどういう成分なのかについてご紹介していきます。

昔から使われている染料

白髪染めに使われているヘナは熱帯地域に自生しているミソハギ科の植物です。

昔から天然の染料として使用されており、髪の毛以外にも爪のマニキュアや眉毛を染める染料としても活用されてきました。

ヘナにはたんぱく質とくっつく性質がありますので、たんぱく質が主成分である私たちの髪には相性の良い染料だと言えるでしょう。

染まるまでには時間がかかる

ヘナは市販のヘアカラーや白髪染めトリートメントと比べると、染まるまでに時間がかかるのが特徴です。

一般的に髪が染まるまでにかかる時間は、カラー剤を塗ってから20~30分程度ですよね。

一方でヘナでは少なくとも1時間以上放置しなければ白髪を染めることができません。

髪や頭皮に優しい

ヘナは染まるまでに時間がかかるのがネックですが、その反面、髪や頭皮に優しいのが特徴です。

使った方の中には「使う度に髪にツヤやコシが出てきた」なんて言う方も!

ですので、すでに髪が傷んでいる方や絶対に髪を痛ませたくないという方にはとっておきの商品と言えるでしょう。

白髪染めヘナでかぶれやアレルギーは起こる??

これまではヘナの特徴についてご紹介してきましたが、かぶれやアレルギーが引き起こされることはあるのでしょうか??

白髪染めヘナの安全性について解説していこうと思います。

植物アレルギーが起こる危険性がある

白髪染めヘナで使用されているのはその名の通り、植物の「ヘナ」です。

もしヘナにアレルギーをお持ちの方でしたら、アレルギー症状が引き起こされてしまう危険性がありますので注意するようにしましょう。事前にパッチテストを行っておけば心配いりませんね。

化学成分にも注意

白髪染めで使用されているヘナは主に以下の2種類に分類することができます

  • ナチュラルヘナ
  • ケミカルヘナ

これらの中でも特に注意しなければいけないのが「ケミカルヘナ」です。

ケミカルヘナには重篤なアレルギー症状を引き起こす危険性のある“ジアミン”系の薬剤が含まれている場合もありますので要注意!!

せっかくのオシャレで肌が荒れてしまうのは絶対に避けたいですよね。

これまでヘアカラーに含まれているジアミンによってアレルギー症状を引き起こしたことのある方は気を付けるようにしましょう。

安全性で選んだおすすめの白髪染めヘナを一挙ご紹介します!!

最後になりましたが、安全性で選んだおすすめの白髪染めヘナを一挙ご紹介していきたいと思います。

ナイアードナチュラルハーブ3

価格 4,860円
内容量 400g
原材料 ナンバンアイ葉、変な、アンマクロ果実、アカシアコンシナ果実、タカサブロウ葉、セイタカミロバラン果実、アセンヤクノキガムなど

ナイアードナチュラルハーブ3は約40分で髪を染めることができる今一番人気の白髪染めヘナです。

みなさんがお好みの髪色に染められるように「赤茶系」「黒茶系」「茶系」の3色が用意されております。

パイナチュラル ナチュラルヘナパウダー

価格 通常価格1,620円
内容量 100g
原材料 ヘナ、インディゴ

パイナチュラル ナチュラルヘナパウダーはインドの農家から直接買い付けた高品質な天然ヘナを使用している白髪染め。

ナチュラルヘナを使用していますので、かぶれやアレルギーを引き起こす心配もなく、比較的早く染まるのが特徴です。

Sarajina ナチュラルヘナ

価格 通常価格1,620円
内容量  
原材料 水、ヘンナ、ペンチレングリコール、沖縄モズクエキス、キサンタンガム、フェノキシエタノール

Sarajina ナチュラルヘナは沖縄県産のヘナにこだわって製造されたメイドインジャパンの商品です。

頭皮や髪に優しい成分が配合されていますので、使えば使うほどツヤ・ハリ・コシのある髪を手に入れることができます。

まとめ

今回は白髪染めヘナの安全性についてご紹介してきました。これまでの内容を見てもわかる通り、白髪染めヘナでは配合されている成分によってはかぶれやアレルギーが引き起こされてしまう心配もあります。

ですので、みなさんが使用する際には植物アレルギーやケミカルヘナに注意するようにしましょう。もちろん事前にパッチテストを行うようにしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です