白髪染めトリートメントはアレルギー持ちでも使える?地肌の炎症を起こさない白髪染めとは

白髪染めをしてアレルギー反応が起きてしまった方は、意外と多いのではないでしょうか?

頭皮に炎症が起き、ヒリヒリと赤くなってしまう経験は誰だってできればしたくないですよね。

そんな中、「白髪染めトリートメントを使ってもアレルギー反応が起きてしまうのではないか。」と心配している方もきっといると思います。

ここでは白髪染めトリートメントでアレルギー反応は起きるのかという点に注目して詳しくお伝えしていきますね。

白髪染めトリートメントはアレルギーを持っていても使えるの?

ではまず、白髪染めトリートメントはアレルギーを持っていても使えるのかどうか、白髪染めトリートメントの特徴から探っていきましょう。

過去に白髪染めをしてアレルギー反応が起きてしまった方や、白髪染めをしてアレルギー反応を引き起こす可能性のある方は必見です!

白髪染めトリートメントにはジアミンが配合されていない

白髪染めでなぜ頭皮がかぶれたり炎症を起こしてしまうのか、みなさんはご存知ですか?

その原因の多くは、白髪染めに配合されているアレルギー成分にあります。

特にその中でも危険性が高く、注意しなければいけないのがジアミンです。

ジアミンはとても刺激が強く、頭皮をあっという間に痛めつけてしまいます。

しかし白髪染めトリートメントでは安全性にこだわり、そういったジアミンを配合していないので、アレルギー反応が起きてしまわないか心配な方でも安心してお使いになることができますよ。

添加物が少ないから安心して使える白髪染めトリートメント

白髪染めを使って肌に炎症が起きてしまう原因は他にもあります。

それは白髪染めに含有しているいくつもの添加物です。

添加物もジアミンと同様に刺激が強く、そのような成分が配合された白髪染めを何度も使っているとアレルギー反応が起きやすくなります。

ですが白髪染めトリートメントであれば添加物が一切含まれていない無添加の商品があり、今まで白髪染めの後に起こる症状で悩んでいた方でも使いやすくなっていますよ。

髪や頭皮を守りながら白髪染めができる

白髪染めトリートメントには、豊富なトリートメント成分が配合されています。

その中には美髪効果が期待できる成分もたくさん含まれていて、白髪染めの回数が増えるほど自分の髪を美しく生まれ変わらせていくことができます。

白髪染めをしただけで自分の髪に天使の輪ができるくらいのツヤが生まれたり、触り心地の良いサラサラな髪へと改善したりすることができたらとても嬉しいですよね。

白髪染めトリートメントは、そのような美髪を維持するサポートもしてくれますよ。

アレルギー持ちの方が選ぶべき白髪染めトリートメントを見極める時のポイント

白髪染めトリートメントは安全性が高く、白髪染めでアレルギー反応を起こしてしまいやすい方でも使うことができる白髪染めだということが分かりました。

しかし、だからといって白髪染めトリートメントすべてが安全なのかと言われたらそうでもなく、アレルギーのもとになる成分が配合されている場合もあります。

そう考えると、間違った白髪染めトリートメントを選んでしまわないかつい不安になってしまいますよね。

そういう時には次のような白髪染めトリートメントを選んでみましょう。

アレルギー反応を起こす成分が含まれていないか

まず、白髪染めトリートメントを選ぶ時に注意してほしいのがどのような成分が配合されているかという点です。

自分が持っているアレルギー成分が配合されていないかを確認するのはもちろんのこと、その他にも危険な成分が含まれていないかをしっかりとチェックしておきましょう。

また、中には植物が使われている白髪染めトリートメントもあるので、もしもアレルギー反応が起きてしまった方は病院の医師に相談してみましょう。

傷んだ髪を補修・保護できる成分が配合されているか

アレルギー反応を起こすと、そのせいで髪や頭皮が傷みやすくなってしまいます。

そしてその後も放っておくことで、どんどん傷んだ状態が悪くなっていってしまうのです。

髪や頭皮が傷むとちょっとした刺激でも地肌が痛んだり、髪がパサパサ・ボソボソの状態になってしまったりします。

そうしたことを考えても、できるだけ髪と頭皮を補修・保護する成分がたくさん配合された白髪染めトリートメントを選ぶようにしましょう。

刺激の弱い白髪染めトリートメントかどうか

白髪染めトリートメントの中にも、刺激の強いものと刺激の弱いものがあります。

そして刺激が強いものは染まりやすい反面、傷みやすいという特徴があります。

では、刺激が弱いと染まりにくいのかと言われたらそうでもありません。

刺激が弱くても染まりやすさに問題はなく、アレルギー反応のリスクを防げる白髪染めトリートメントはきちんとありますよ。

ですからそのような、きちんと染まる低刺激の白髪染めトリートメントを選ぶということも重要なポイントになります。

アレルギーを持っていても大丈夫!頭皮の炎症が起きにくい白髪染めトリートメント

最後に、アレルギー反応が起きやすい肌が敏感な方へ向け、おすすめの白髪染めトリートメントをご紹介していきます。

アレルギー反応が心配な方でも、次のような白髪染めトリートメントであれば安全に使うことができますよ。

利尻ヘアカラートリートメント

内容量 200g
価格 3,000円
染料 塩基性染料

HC染料

天然染料(シコン、クチナシ、ウコン、アナトー)

美髪成分 利尻昆布エキス、アルニカ、ローズマリー、セイヨウキズタなど全28種類

トリプルPPT成分、ヒアルロン酸、デンプンポリマー

カラー 4色

(ライトブラウン・ナチュラルブラウン・ダークブラウン・ブラック)

まずアレルギー持ちの方へおすすめしたいのが、利尻ヘアカラートリートメントです。

利尻には以下のような成分が配合されていないので、安全性が高い白髪染めトリートメントとなっています。

  • ジアミン系色素
  • タール系色素
  • 酸化剤
  • パラベン
  • シリコーン
  • 香料
  • 鉱物油

白髪染めでアレルギー反応を起こしてしまう方はおそらく、こういった成分が原因で頭皮に炎症が起きてしまっていることが多いのではないかと思います。

しかし利尻は上記を見ても分かるとおり、危険な成分を使用していないので、アレルギーのせいで今まで使う白髪染めがなく困っていた方でも使うことができますよ。

また、その他にも植物を原料とした天然染料や、美髪成分である利尻昆布などが白髪を染めながらあなたの髪や頭皮を優しく包んでくれます。

ルプルプヘアカラートリートメント

内容量 200g
価格 3,000円
染料 塩基性染料

HC染料

天然染料(ベニバナ、クチナシ、アイ葉)

美髪成分 ガゴメ昆布エキス
カラー 4色

(ブラウン・モカブラウン・ダークブラウン・ソフトブラック)

ルプルプヘアカラートリートメントも利尻ヘアカラートリートメントと同様に、安全性が高く、白髪染めトリートメントの中でも人気があります。

ちなみにルプルプでは次のような成分が無添加となっていますよ。

  • ジアミン系色素
  • タール系色素
  • 酸化剤
  • 香料
  • 鉱物油

利尻よりは少ないものの、このように危険な成分や添加物をできるだけ使用せず、安全にこだわって作られています。

さらに、ルプルプに含有するガゴメ昆布のフコイダンは表面のネバネバが持つ保水力で、髪にツヤとサラサラな状態を生み出してくれますよ。

マイナチュレオールインワンカラートリートメント

内容量 200mg
価格 3,980円
染料 塩基性染料

HC染料

美髪成分 アシタバ葉、ウコン根茎、オレンジラフィー油、フユボダイジュ花、ゴボウ根、ローズマリー葉、セイヨウキズタ葉、アルテア根、スギナ、ボタン、ガゴメ、ホホバオイル、アルガンオイル、アルニカ花、オドリコソウ花、セイヨウオトギリソウ、カミツレ花、セージ葉 など全44種類
カラー 2色

(ブラウン・ダークブラウン)

マイナチュレオールインワンカラートリートメントは2018年3月に発売されたばかりの白髪染めトリートメントですが、既に人気が上昇傾向にあります。

そしてアレルギー反応が起きる恐れのある成分も配合されていないので、安全性もバッチリですよ。

  • ジアミン系色素不
  • タール系色素
  • パラベン
  • シリコン
  • 鉱物油
  • 合成香料

そんなマイナチュレの優れているところが、たったの1本で白髪ケア・スカルプケア・ヘアケア・エイジングケアを済ませることができてしまうところ。

白髪染めトリートメントどころか、周りの白髪染めを見渡してもそのようなオールインワンの白髪染めはなかなかありません。

そのためマイナチュレを使えば、白髪染めと同時に髪や頭皮を若返らせることが可能です。

まとめ

「白髪染めトリートメントを使うとアレルギー反応が起きてしまうのではないか。」

そう不安を抱いてしまっていた方もいると思います。

しかし白髪染めトリートメントは安全性が高く、アレルギー持ちの方でも安心して使えることが分かりましたね。

あなたも従来の白髪染めから白髪染めトリートメントに切り替えて、アレルギーの症状に悩まない快適な生活を手に入れてしまいましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です